お知らせ・ブログ

news & blog
ブログ
歯周病

歯周病とは?

東浦和とくデンタルクリニックでは、歯周病の治療また、歯周病の予防にも力を入れております。

 

歯周病は歯の病気ではなく、歯肉(歯ぐき)歯槽骨(あごの骨)など、歯の周囲組織の病気です。

歯周病は細菌によって引き起こされる感染症です。

自然に治ることはなく、治療しなければ確実に進行していきます。

歯周病は、まず歯肉が炎症を起こす歯肉炎から始まります。

歯肉に炎症が起きて腫れると、歯と歯肉との間の溝(歯肉溝)が深くなります。

これを歯周ポケットといいます。

歯周ポケットにはプラーク(歯垢)がたまりやすく、深くなるほど取り除きにくくなります。

また、歯周ポケットの奥には酸素が届きにくいので、酸素を嫌う性質の歯周病菌(嫌気性菌)が繁殖しやすくなります。

歯肉炎を放置しておくと炎症が歯根膜や歯槽骨(あごの骨)まで広がり、歯周炎と呼ばれる段階になります。

さらに進行すると炎症によって歯槽骨(あごの骨)が溶けていきます。

そして、ついには支えを失った歯が抜け落ちてしまうのです。

そうならないためにも、早めの処置が何より大事です。

 

あなたは大丈夫??《歯周病チェック》

①歯を磨くとき歯肉から出血する         

②口臭がある(人から言われたことがある)

③歯の間に食べ物が挟まりやすい

④起床時に口の中がネバネバして不快である

⑤歯肉がむずがゆいときがある

⑥歯が浮いた感じがする

⑦歯肉が赤く腫れている

⑧歯が以前より長くなったような気がする

⑨冷たいものでよく歯が凍みる

⑩歯が動く感じがする

 

ひとつでも当てはまる場合、手遅れにならないようできるだけ早く歯科医院で診てもらいましょう。

記事サムネイル画像
記事サムネイル画像
東浦和駅でホワイトニング