お知らせ・ブログ

news & blog
ブログ

舌の正しい位置は❓

みなさん、こんにちは!訪問診療、MFT(口腔機能療法)も行っている東浦和とくデンタルクリニックです。

今回は舌の正しい位置についてご説明します。

皆様はお口を使っていない時、リラックスしている時舌はどこにありますか?

上ですか、下ですか?歯を触っていませんか?

舌の正しい位置は上です。→スポットポジションという場所になります。

〇スポットポジションに舌が自然におけるようになると

・自然にに口唇閉鎖(くちびるが閉じている状態)ができるようになります。

下の顎は頭部とくっついているわけではなく少し不安定な状態です。舌をスポットポジションにおくと

下顎は下がらず、自然に唇を閉じやすくなります。→唇が閉じれれば鼻呼吸にもつながります。

・正しい姿勢をたもつことができます。

舌の挙上(スポットポジション)が下顎の安定性をたもち頭部のバランスが釣り合うことによって

正しい姿勢をたもつことができます。→口がポカンとあいてる(スポットポジションが出来てない)と

                  姿勢も悪くなりやすいのです。

・誤嚥性肺炎の予防

日頃から舌を挙上することにより、舌の筋力を維持し安全に飲み込む機能を維持することができます。

 

  のどの蓋もできて風邪、インフルエンザ等の予防にもつながります。

記事サムネイル画像
記事サムネイル画像
記事サムネイル画像